食べる?

ブログ初心者 試行錯誤中

遅い出勤の夫を送ったその足で、いつものクリニックへ。雪融けが進まないこの状況、空いているだろうし。ただ、駐車場の状態が気がかりだった。建物の外側を一周、行き慣れた入り口側に回ると・・ゲッ! 雪かきの形跡無し、普通に積もったままである。ドクター「40㎝積りましたからねぇ。(雪かきが)追いつかないんですよ。」


そろそろお終い。夜行スキーバスは友人も私も初体験。乗ってみれば若者の中に場違いな人がポツンと混じった状態で、居心地はイマイチ^^; バスが遅れようが雪に埋まろうが、周囲は全く気にしていない様子? 友「皆慣れているのね。」 そして「状況をみて止めることも大事ね・・」と、珍しく反省の弁も。(*`▽´*)

立ち往生したバスから降りて避難所に向かう際、誘導してくれたのは若い男性2人。1人遅れて合流する「仲間」の女の子を救出するために、ホテルから下って来たのだと。その女の子を連れて、猛吹雪の中を更に40分かけて帰って行くと聞き、ちょっと、胸が熱くなる・・。

避難所の方々にはよくして頂いた。その他、沢山のご厚意のおかげでクサることもなくノー天気旅を続け、無事帰還出来たと感謝している。単なる通りすがりの人間に手を差し伸べて下さったひと方には、後にお礼を伝えられた。もうひと方はそれっきり・・^^; 心残りではある。