食べる?

ブログ初心者 試行錯誤中

懐古

早朝の厚い雲はいつの間にかどこかへ。柔らかな朝の光と、少しずつ濃度を増す空の青。膨らみ始めたアロエの蕾。すっかり冬の景色だ・・。

夜遅く、旧友から電話があった。毎年クラス替えがあったにも拘らず、高校の3年間を同級生で過ごした。最後の年はよく一緒に遊んだ、らしい? 話していて様々なシーンが甦る。

3年の2学期ともなると、自分の受験に不必要な教科書を教室に置いて行く同級生も多かった。「こんなの、もう要らないよ。」 ・・だよね〜♪

それを火の消えた石炭ストーブに放り込んで暖をとりながら、遅くまで話し込んだのは私達4人デス。たまに、剥がれかけた板も拝借した。これ、時効よね?

用件は、近づく同窓会についての問い合わせだった。出張の帰りに時間が有れば、と言うその彼に“きっと来てね〜”と言いつつ・・。はて? 私は出席の返事をしただろうか・・。